基本を侮るなかれ。そもそも「抜け毛」とは…

「シャンプーをしたら、たくさんの抜け毛でビックリした・・・」
「くしでブラッシングしたら、ごっそりの抜け毛が・・・」
「朝起きると枕に大量の抜け毛が・・・」

こういった経験ありませんか?
そして、こういった経験に頭を悩ませてはいませんか?

抜け毛は多くの男性が抱えている悩みの中で一番目に見えて分かる悩みです。そして、抜け毛は放っておくとそのままどんどん悪化し、最終的にはハゲてしまいます。

何かきっかけがないと抜け毛は収まりません。

抜け毛の本数や頻度が気になり始めたら「抜け毛の増減の変化」と「毛が抜け始めた原因」をしっかりと見極めて、抜け毛対策をしっかりとし、抜け毛の原因を改善していくことが必要です。
カツラに頼るのは男としてのプライドが傷つけられるも同然。どうせならいつまでも自分の髪の毛で過ごしたいですよね。

まず、抜け毛とはどういった状態を指すのでしょうか。
抜け毛の本数には個人差があります。もっと言えば、50本~100本/1日程度の抜け毛は通常の範囲内として捉えられています。これは生理的な現象なので誰にも起こりうることなのです。
ようはそれ以上の髪の毛が抜けること――個人差という言葉ではフォローできない200本や300本髪の毛が抜けることを抜け毛が多いと言います。

1日の中で最も髪の毛が抜けるのは洗髪をしているとき、シャンプーをしているときです。
大体、1日のうちで起こる抜け毛の5割から7割はこのシャンプー中に抜けます。つまり、50本から70本がシャンプーの最中に抜けるのは当たり前ということですね。
このシャンプー中にいきなり100本以上の髪の毛が抜けると薄毛のリスク要注意と判断されます。

抜け毛はヘアサイクルの中で起こる正常な現象です。
だからその本数が多かったからと言って、もしかしたらそれがあなたのヘアサイクルだと適正な本数なのかもしれません。
大事なのは「今までより抜け毛の本数が増えたかどうか」と「抜け毛の質」の2点です。