ヘアサイクル(毛周期)って?

抜け毛に悩む方は必ず目にしたことがあると思われる単語、「ヘアサイクル」。
このヘアサイクルという生理現象は抜け毛と密接な関係にあります。

ヘアサイクルは成長期(約2~7年)→移行期(約2~3週間)→休止期(約3か月)→成長期・・・・・・といった風にサイクルするもので、その成長度合いは男女差によって変わってくるのはもちろん、年齢や栄養量、男性ホルモンの分泌量、ストレスの度合いによっても変わってきます。

月経周期と同じようにヘアサイクルにも健康的な周期が定義づけられており、健康的なヘアサイクルは5年を目安に繰り返されると言われています。

発毛が始まったら成長期が長ければ長いほど強くしなやかな髪の毛が生えてきます。
この成長期が終われば移行期を経て発毛が終わる休止期に突入します。
休止期の間に毛根はどんどんと頭皮の方に移動し、抜け毛となって抜け落ちます。これが健康的なヘアサイクルです。

ところがこのヘアサイクルの途中で男性ホルモンが減少したり、栄養が不足したり、ストレスが溜まってくると成長期の期間が短くなったり、逆に休止期の期間が長くなったりします。
ヘアサイクルのどこかの期間が不自然に変動すること、それが抜け毛のリスクの目安ともいわれます。

つまり、抜け毛を減らすということはヘアサイクルを正常の状態に戻すことに他ならなく、植毛や育毛よりももっと根本的な原因に目を向けなければなりません。

ヘアサイクルが乱れる原因として、やはり生活習慣の乱れであったり、食生活の乱れが原因として挙げられます。

特に食生活の乱れによる栄養分の不足はヘアサイクルに大きな影響を与えると言われています。髪を作るのに必要な鉄だったり、駆るシムなどの栄養分が不足してしまうと、薄毛の原因だったり、脱毛の原因になってしまいます。

しかし、現在は、偏った食生活をしたとしても、サプリメントを必要な栄養分を補うことが用意にできますので、一度、専門のクリニックやサプリメントを摂取してみることをおすすめします。