大人ニキビを治して美肌を手に入れる

男性にもニキビはできるもの

男性の美意識は年々高まっており、かつては気にもならなかったような症状でも、今では治療に励む人が増えてきています。

その代表格ともいえるのが【大人ニキビ】です。

10代の頃にできるニキビのことを思春期ニキビというのに対して、20代以降にできるニキビのことを大人ニキビといいます。

思春期ニキビはホルモンバランスが乱れやすかったり生理の関係で女性にできやすいものでしたが、大人ニキビは性別に関係なくできます。
そもそも大人ニキビは基本的にあごや首、頬、口周りといったUゾーンにできるニキビで、おでこや鼻といったTゾーンにできがちだった思春期ニキビとは性質が異なります。

なぜ大人ニキビはできるのか

大人ニキビができる理由は以下の通りです。

  • 過度の化粧やストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 新陳代謝の低下
  • 不規則な食生活
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の質の低下
  • 飲酒
  • 喫煙

など様々なことが原因となり得ます。

飲酒や喫煙、ストレスの蓄積、生活習慣の悪化など男でも身近なことが原因になっていることが男性にもできやすいと言える理由です。

また、治しにくいという特徴と再発しやすいという特徴があるため治療も一筋縄ではいきません。

そのため、美容皮膚科に通院したりニキビ専用化粧水を使ったりして早めに治療することが大事です。

男性のニキビに対する意識は高まっています。

これはスキンケア用品を購入する男性が増えていたり、クリニックでい治療を受ける男性が増えていることからも分かることです。

その理由は男性の見た目が女性と同じように重きをおいてみられるようになったことと、やはりニキビがあることは「不潔」「不衛生」といったイメージを持たれやすいからです。

これからの時代、男でも自分の見た目に対して女性並みに意識を高く持つことが必要ということです。

大人ニキビを始めとする吹き出物の治し方については正しいスキンケアが大事になります。
下記サイトで吹き出物の原因や治し方について詳しく紹介してくれていますので参考にしてください。

タグ

2013/10/11

カテゴリー:その他悩み

白髪染めで若い自分を取り戻す

男性の髪に関する悩みは何も抜け毛だけではありません。
白髪染めも男の抱える頭髪の悩みです。
同じ年齢、同じ顔でも髪の毛が黒いか白いかという事柄のみで周りからの印象はだいぶ違ってきます。やはり黒髪の方が若々しく活力がある印象を与えますよね。「黒く若々しい髪の毛を」手に入れたいというのは変なことでも、年齢不相応なことでもありません。
また、この白髪染めに関する悩みは男性と同等もしくはそれ以上に女性の方が抱えている悩みでもあります。

白髪が出始める年齢には個人差があるけれど、だいたい30歳前後が目安とされています。
もちろん、50代になっても白髪がまったくない人もいれば、20代でちらほら白髪が出てくる人もいます。
ロマンスグレーのような加齢に伴う白髪なら歓迎するという人もいますが、やはり30代40代での白髪はできるだけ染めたいもの。特に女性はずっと若々しいと願っているから、白髪は遠慮したいですよね。

白髪染めには色々な種類があり、最も一般的なヘアカラータイプや髪の毛の表面上だけを染めるヘアマニキュアタイプ、式典やちょっとしたお出かけ時に欲しいスプレータイプやスティックタイプ、パフタイプのような一時的に染めるタイプのものと様々な商品が出回っています。
やはり一番人気なのは髪の毛の内側から黒く染め上げ、太陽の光を浴びても不自然さを感じさせないヘアカラータイプの白髪染めです。
ただし、白髪染めの商品は数多く出回っており、はっきり言って玉石混交の状態。頭皮に合わない白髪染めを使うのは避けたいですし、効果のない白髪染めも使いたくはありません。
白髪染めも他の薬と同様に自分に合う合わないで選択する必要があり、簡単に口コミや評判を信じてはいけません。

正しい知識を持ってちゃんとした白髪染めを使うことが男性女性ともに必要なのです。
もちろん、髪の毛の量に問題がない若いうちから気を付けることが大事です。

タグ

2013/02/20

カテゴリー:その他悩み

包茎の治療

包茎は男性が抱える典型的な悩みの一つです。
この悩みにはほかにEDや早漏、抜け毛や臭いなどがあります。
しかし、包茎と上記に挙げたような悩みとには大きな違いがあります。
それは、包茎だけは精力剤で治療することができず、病院での手術が必要だということです。

包茎は心因性のものでなければ、器質性のものでもありません。
言ってしまえば背が高い、鼻が高い、足が短いなどの身体的特徴と一緒で、ただ男性器の包皮が長いというだけの話なのです。
しかし、以前説明したようにこのただ男性器の包皮が長いだけという状態は決して好ましいものではありません。(参考記事:包茎は衛生的に良くない状態)
身体的特徴であるため薬でどうにかすることはできません。
だから、包茎の治療には必ず手術を伴うのです。

仮性包茎の場合、自分で包皮を剥くことができるから手術を必要としないという話をよく聞きます。
確かに仮性包茎に限り、訓練を経て包皮をどうにかする方法や矯正器具を用いて男性器の状態を改善する方法があります。
しかし、これはずっと続けていくことですし、効果には個人差があります。一度結果が出たからといって満足してしまうと、すぐに包皮は元の状態に戻ってしまいます。
仮性包茎は確かに生活上や性行為のうえで問題がないかもしれません。
ただ、肉体的に問題がないとしても、衛生面での不安や「自分は包茎なんだ・・・」という精神的な不安を抱えてしまうことがあります。
こういった不安を除去する意味もこめて仮性包茎でもできるかぎり治療手術を受けましょう。

包茎の手術には保険は適用されません。
これはEDの治療と一緒ですね。
また、手術と言っても包皮を切除するだけなので痛みは伴いませんし、切断面も一見手術したとは分からないほどに綺麗です。最近ではメスを使わずに、医療用の接着剤を使用して包皮を固着するという極めてノーリスクなものも。
包茎の治療を考えているなら、事前に手術に対する知識を身に着けておいて心構えをすませておきましょう。

包茎とEDについて詳しくは、『包茎とEDの噂』で説明されているので、参考にしてください。

タグ

2013/02/20

カテゴリー:包茎治療

包茎は衛生的に良くない状態

包茎は見た目が良くないです。
男性の象徴でもある男性器が情けないことになっているので、男性としても女性としてもあまり好まれない包茎。
しかし、見た目の不格好さに我慢すれば別に治療の必要はない・・・と考えてはいませんか?
包茎の問題点は見た目だけではありません。むしろ、見た目の問題が気にならなくなるほどの問題を抱えているのです。

包茎の一番の問題は非常に衛生的に悪いということです。

包茎だと亀頭を洗うことがままならなく、重度の包茎だと亀頭を洗うことすらできません。
この状態だと男性器に恥垢が溜まってしまいます。

恥垢(一般的な言い方ではチンカスですね)とは、尿や精液のカスが固まって亀頭周辺にこびりついた垢のことです。
恥垢が過度に溜まると細菌が繁殖し、男性器から腐ったチーズや牛乳のような腐臭が発生するようになります。
これは単に臭いの問題ではなく、病気の警告と見てもらっても差し支えありません。
包茎、特に真性包茎の場合、亀頭に恥垢が溜まっても洗い流すことができず、また、包皮に覆われた亀頭は温度・湿度ともに上がっているから、細菌が繁殖しやすくなります。
自ら包皮を剥けば恥垢を洗い流すことができる仮性包茎はまだしも、包皮を剥くことに問題が生じる真性包茎やカントン包茎だと恥垢は溜まる一方です。
細菌の繁殖がひどい状態になると男性器が腐ってしまいます。

また、包茎の状態が続くと細菌が溜まりやすくなるだけでなく、炎症を起こしたり、コンジロームやヘルペスなどの性病を招く恐れもあります。

包茎は百害あって一利がない症状です。
見た目にも肉体的にも精神的にも好ましくないので早期治療を心がけましょう。

しかし、どうしても包茎の治療に踏み切れない男性は多いですよね?

女性の意見を参考にしてみてはどうでしょうか?女性が男性の包茎に対して、どういった考えを持っているのか?

女性の本音というサイトの「もっと清潔に! 包茎に対する女性の本音」で女性の男性の包茎に対する意見がまとめられているので参考にしてください。

タグ

2013/02/20

カテゴリー:包茎治療

包茎とは

男性器は男性の象徴として捉えられます。
男たるものいつまでも立派なペニスを持っていたいもの。
しかし、そのペニスの見た目がかなり不格好なものになり、なおかつ健康面から見ても被害が出やすい状態になる症状があります。
その名も包茎。

包茎とは男性器の亀頭が包皮に覆われて露出不可能ないし露出に問題が伴う状態のことをさします。いわゆる皮かむり、ほっかむりですね。
女性器の陰核も包茎になることがあるけれど、基本的に包茎とは男性器のことを指す症状です。

包茎でない限り亀頭は普段から露出しており、勃起するとさらに亀頭の露出が顕著になります。
しかし、日本人男性の5割の男性器は通常時には完全に包皮に覆われており、4割弱の男性器が部分的に包皮に覆われています。つまり、通常時から亀頭が完全に露出している(=包茎でない)日本人は1割にも満ちません。
これは、日本人の9割が包茎ということでもあります。

包茎には3種類あります。

  • 男性器が部分的に包皮で覆われている・・・仮性包茎
  • 男性器が完全に包皮で覆われている・・・真性包茎
  • 包皮が短いため勃起後、通常時に戻りにくい男性器・・・カントン包茎

仮性包茎は自分で包皮を剥くことができ、特に問題視されるものではありません。(それでも治療した方が良い状態ですが)
問題となるのは下の2つです。
真性包茎は、包皮を剥くことが非常に困難であり、重度なものだと包皮を剥くことができません。
カントン包茎は包皮が男性器を圧迫してしまいます。
これらは様々な病気を招くほか、性的な快楽を得づらいし、精神的なダメージがかなり大きいです。また、女性側からしても包茎は好まれるものではありません。

包茎は治療できるものです。
自分の男性器の状態を省みて、包茎だと疑わしいなら――少なくとも一目で分かる真性包茎とカントン包茎は早急に治療しましょう。

タグ

2013/02/20

カテゴリー:包茎治療

EDは妊娠の妨げになる

以前の記事でストレスやプレッシャーがEDの原因となり、EDによってさらにストレスが溜まったりプレッシャーを感じるようになると書きました。(参考記事:ストレスがEDを招く)
このストレスやプレッシャーによるEDの中で、特徴的なのが排卵日EDと呼ばれる症状です。

排卵日EDとは、普段は何ら支障なく勃起するのにもかかわらず、子供を授かろうと排卵日にセックスをしたときに限り、
「妊娠させないと!」
という強いプレッシャーを無意識のうちに自らにかけてしまい、結果としてそのプレッシャーがストレスとなって勃起不全を招いてしまうというものです。
これは初体験や新婚初夜のときに勃起不全になってしまう症状と同じ原理ですね。
男は元来見栄っ張りな生き物ですから「上手くしなきゃ」と自分で自分を追い込んでしまうのです。

EDだとしても子供は作れます。
そもそも、以前の記事で説明したようにEDとは勃起の状態に支障をきたすことであって、性欲の有無や精子の有無には一切関係がありません。(参考記事:ED(勃起不全)とは)
そして、妊娠するためには精子が卵子に着床することが必要なのであって、そこに勃起したペニスの有無が着床にかかわるということは関係ありません。
なので、EDと妊娠は本来無関係なことであり、妊娠するしないは全て運に左右されるのです。必要以上に気負うことではありませんし、狙ってできるものでもありません。
もちろん、EDだとセックスすることすらままならないので、結果論でいえばEDの治療は必要になってきますが。

つまり、「妊娠させなきゃ」というプレッシャーは自分を苦しめるただの枷であり、その意気込みが妊娠に影響するといったようなことは一切ありません。
むしろ、「妊娠したら嬉しいな」といった楽観的な気持ちの方が、セックスを精神的にも肉体的にも楽しめるし、妊娠しなくても必要以上にダメージを負う必要はなくなります。

タグ

2013/02/19

カテゴリー:ED治療

ストレスがEDを招く

セックスは快楽を貪りあう行為である以上に、パートナーとの愛を確かめ合う行為です。
しかし、愛を確かめ合うには相手に対する労り、慈しみ、思いやりが必要であり、それは指の動かし方ひとつ腰の動かし方ひとつにあらわれます。
なので、自分のセックステクニックを気にする人や、相手に気を遣いすぎる人は、どのようにセックスをすればいいのかを考えすぎてしまう傾向にあります。
例えばこういった人が気の強い女の子を相手にした場合に考えてしまうのが、
「相手を満足させることができたかな」
「俺のテクニックで気持ちよくなってくれるのかな」
「もう射精しちゃいそうだけど良いのかな」
といったようなことです。
これは自分のことは二の次にして相手の顔色をうかがう行為であり、この行為は知らず知らずのうちの自分の首を絞めるプレッシャーやストレスとなっているのです。
そして、このプレッシャーやストレスが勃起不全の引き金となることは大いに考えられます。

以上のようなことはあくまで一例ですが、ストレスやプレッシャーが原因となってEDになることは結構な頻度で起こることで、心因性EDという言葉があるほどです。

現代社会はストレス社会と揶揄されるほどストレスが溜まりやすくプレッシャーを感じやすい環境だと言われています。学校や職場、下手すれば家庭内でも気を抜けないほどに。
つまり、いつ、誰が、何が原因で勃起不全になるか分からない状況だということです。
単にセックスのときに言われた言葉や相手の態度が勃起不全の原因になることもあれば、日常生活で受けたプレッシャーがセックスのときに勃起不全としてあらわれることだってあるのです。

そして、勃起不全になってしまうと、男性は自身に「男性らしさがなくなった」と思うようになり、自信を喪失してしまいます。
自分で思わなくてもセックスパートナーからの指摘で自信を喪失してしまうことも考えられます。

つまり、一度ストレスやプレッシャーからの心因性EDを患ってしまうと、自分がEDなことにまたストレスを受け、そのストレスがEDを悪化させ、悪化したEDに気付きまたストレスを受け・・・・・・とループしてしまうことも珍しくありません。
なので、EDになったと感じたら早めの治療が大事です。

タグ

2013/02/19

カテゴリー:ED治療

ED(勃起不全)とは

EDとは、勃起機能の低下を意味する言葉です。「Erectile Dysfunction」の略であり、直訳すると勃起不全もしくは勃起障害という意味の病気です。
昔からEDに悩む男の人は多く、性的な相談を受け付けるカウンセラーが一番よく聞かれる心配事はEDのことという統計データも出ています。
また、少し前まではEDとは中年の悩みだったのが、ここ近年でEDに悩む若者の数は急激に増えているというデータも増えています。

勃起不全・勃起障害という言葉だけで判断するのなら、刺激を受けてもまったく勃起しないことをEDと呼ぶと思われがちですが、EDの定義はもっと広いです。
EDの定義は以下のような感じです。

  • 軽症・・・・・・勃起する時としない時がある
  • 中等度・・・・・・勃起はするものの十分に勃つことはなく、性行為に及べないときがある
  • 完全度・・・・・・勃起しない

といった風に分けられており、中折れもEDに当てはまるし、高齢または体調不良でなくとも起こりうることもEDを広義に解釈すれば当てはまります。
具体的には、
「陰茎の隆起の発現あるいは維持できないために、満足に性交を行うことができない状態が75%の確率で起こることがEDである」
と協会に定義づけられています。
また、EDとはあくまで勃起不全のことを表す言葉であって、性欲の有無や精子の有無で満足に性行為が行えないことはEDとは言いません。それらはまた別の治療法が必要です。

これは勃起不全の直接的な被害であり、EDはこの勃起しなくなること以外にも間接的にダメージを与えてきます。
それは、精神的なダメージ――自信喪失です。
EDになるということは、男性のある意味での象徴である男性器が機能しなくなるということであり、それはそのまま己の自尊心を傷つけることに繋がります。
性行為の途中でどれだけ互いの気分が盛り上がっても、いざ挿入の段階になって急に勃起が萎えてしまったら、自分も相手も興が削がれてしまいます。それが夫婦間の話であれば、離婚に結びつくことだって珍しい話ではありません。
このようにEDは単なる勃起不全という話ではなく、男としての沽券に係わる病気なのです。

また下記サイトで、EDに効果のある精力剤サプリを紹介しています。

  • 精力増強にはマカが効く!
    EDに効果効能のある精力剤マカについて紹介しています。精力サプリメントに興味ある方はぜひ参考にしてください。

タグ

2013/02/19

カテゴリー:ED治療

ヘアサイクル(毛周期)って?

抜け毛に悩む方は必ず目にしたことがあると思われる単語、ヘアサイクル。
このヘアサイクルという生理現象は抜け毛と密接な関係にあります。

ヘアサイクルは成長期(約2~7年)→移行期(約2~3週間)→休止期(約3か月)→成長期・・・・・・といった風にサイクルするもので、その成長度合いは男女差によって変わってくるのはもちろん、年齢や栄養量、男性ホルモンの分泌量、ストレスの度合いによっても変わってきます。
月経周期と同じようにヘアサイクルにも健康的な周期が定義づけられており、健康的なヘアサイクルは5年を目安に繰り返されると言われています。

発毛が始まったら成長期が長ければ長いほど強くしなやかな髪の毛が生えてきます。
この成長期が終われば移行期を経て発毛が終わる休止期に突入します。
休止期の間に毛根はどんどんと頭皮の方に移動し、抜け毛となって抜け落ちます。これが健康的なヘアサイクルです。

ところがこのヘアサイクルの途中で男性ホルモンが減少したり、栄養が不足したり、ストレスが溜まってくると成長期の期間が短くなったり、逆に休止期の期間が長くなったりします。
ヘアサイクルのどこかの期間が不自然に変動すること、それが抜け毛のリスクの目安ともいわれます。

つまり、抜け毛を減らすということはヘアサイクルを正常の状態に戻すことに他ならなく、植毛や育毛よりももっと根本的な原因に目を向けなければなりません。

ヘアサイクルが乱れる原因として、やはり生活習慣の乱れであったり、食生活の乱れが原因として挙げられます。

特に食生活の乱れによる栄養分の不足はヘアサイクルに大きな影響を与えると言われています。髪を作るのに必要な鉄だったり、駆るシムなどの栄養分が不足してしまうと、薄毛の原因だったり、脱毛の原因になってしまいます。

しかし、現在は、偏った食生活をしたとしても、サプリメントを必要な栄養分を補うことが用意にできますので、一度、専門のクリニックやサプリメントを摂取してみることをおすすめします。

タグ

2013/02/19

カテゴリー:脱毛・抜け毛対策

こんな抜け毛にご用心

抜け毛の本数で自分が薄毛かどうかを判断するのは難しいです。
なぜなら、いくら抜け毛の数が多くてもそれが平均的な数値で一定しているのなら、その本数が自分のヘアサイクルでは普通なのかもしれないからです。
そこで、薄毛のリスクは抜け毛の質を目安にしましょう。

抜け毛をチェックする機会が最も適しているのはシャンプー時と起床時です。
このとき、急激に抜け毛の本数が増えていたら薄毛のリスクを感じてください。
しかし、本数に変わりがなくても抜け毛の質によっては抜け毛対策をする必要があります。
抜け毛対策をしなければならない髪の毛の質とは、

  • 本来の自分の髪の毛よりも細い毛が多い
  • 短い毛・切れたような毛が多い
  • 綺麗な丸い毛根ではなく、毛根の形が歪んでいる
  • 毛根がでこぼこしている
  • 毛根に皮脂や汚れが付着している
  • 毛根部分が小さく細い
  • 爪をたてて引っ張っても、カールしない

といった特徴があります。
このような抜け毛は「健康的な抜け毛」というよりは、「何らかの原因で髪の毛に栄養が行き届かなくなってしまったから生じた抜け毛」または「頭皮環境が悪化しているための抜け毛」です。
抜け毛が起きる原因をおおざっぱに説明すると、髪の毛が抜けるに至るまでのプロセスは色々とあれど、最終的には「髪の毛の栄養不足」「ストレス」「男性ホルモンの分泌量の低下」に集約されます。
抜け毛の質が悪化したのなら、なぜ抜け毛が起きたのかという原因を考えなければなりません。

タグ

2013/02/19

カテゴリー:脱毛・抜け毛対策

このページの先頭へ